旭川工業高等専門学校 数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて

令和2年度に策定された本校数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて紹介します。


教育プログラムの目的

Society5.0の実現を迎えるこれからの社会において必要とされる数理・データサイエンス・AI の基礎的素養を学生に対して修得させるとともに,意欲ある学生に対して自らの専門分野に応用 できる力を修得させることを目的とする。


実施体制

教育プログラムの責任者を校長とし,教務委員会,点検評価改善委員会および授業担当が連携し, 教育プログラムの策定,実践,点検,改善のサイクルを展開している。 先行している教育プログラムとも連携し,数理データサイエンスおよびAIの基礎力をベースとして, 地域社会が抱える問題の解決を図る社会実装力の涵養までを視野に入れている。

p001.PNG


教育プログラム「リテラシーレベル」の対象科目と修了要件

本校教育プログラム「リテラシーレベル」の対象科目は入学年度に応じ,下表の通りである。 なお,これらの科目は在籍する全学生に対して開講されている。教育プログラム「リテラシーレベル」 の修了要件は下表に示す対象科目を全て履修し,全ての単位を修得することである。




教育プログラムの修了要件

kamoku.png


教育プログラム対象科目とモデルカリキュラム及び認定制度の審査項目との対応(令和2年度開講科目)

p2.PNG
(ご参考)外部リンク「数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム『モデルカリキュラム(リテラシーレベル)』」
(ご参考)外部リンク「文部科学省『数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)』」

関係資料


旭川工業高等専門学校 数理・データサイエンス・AI教育プログラム履修規則

令和2年度学内点検評価改善委員会 「教育プログラム自己点検」資料





旭川高専のInstagramへ