Asahikawa-KOSEN

Teachers' activities

防災 / 岡田昌樹

1.田んぼダム自動化システム

背景 近年,集中豪雨の多発化によって,全国的に大規模な水害が発生している。河川改修や治水施設の増強等には,時間と費用がかかるため,農地の多面的機能を活用した洪水調節機能が求められている。

目的 豪雨時に水田地帯からの排水量を制限する「田んぼダム」制御システムを開発し,下流域の洪水を緩和する。

概要 田んぼダム水位自動制御装置は,インターネット通信と水深・温度センシング機能を備え,PCタブレットやスマートフォンでモニタリングしながら,遠隔操作や自動制御で装置内の水位板を上下駆動する。また,本装置導入農家のインセンティブを高める課金システムを検討する。

特徴 ① 低コスト ② 給排水両用装置 ③ ゴミが絡みにくいアタッチメント ④ 盗難通知機能 ⑤ 課金システム